職場の好き避けとごめん避け、視線の関係

スポンサーリンク

 好き避けとは好きな人のことを意識的に避けることを意味します。
これは恋愛に対し照れくささがある人がすることが多いとされています。
 その照れくささは、目の動きで表現される傾向にあります。
好意を悟られるのが嫌で、普段好きな人のことを避けているのに、ついその行動を目で追いかけてしまうのです。
 そのため、視線が合う回数が自然と増加することになります。
そうした動きから相手に好意を悟られることがあり、そこから関係が進展するのは珍しくありません。
 一方、ごめん避けの方はと言いますと、相手の好意にうすうす気付いていながらも、それを曖昧な態度でごまかすことを意味しています。
 これは単なる優柔不断なのではないか、と考えられることが多いのですが、それをする人は相手の表情やしぐさなどから、告白してきそうだと感じたら、二人きりにならないようにするため、場の空気を読むすべに長けているのです。
 これは職場恋愛に対し否定的な人がよくやる行いだと言えます。

スポンサーリンク

 

 職場で好き避けをしてしまう人は、本人の性格や学生時代の環境に影響を受けていることが多いと言えます。
 これは自尊心の強い人だと、自分から好きだと告げたら、相手に主導権を握られるのではないか、と警戒することを意味しています。
 社会人になるまで、家族以外の異性と接したことがなく、恋愛感情そのものに不慣れということもあります。
 どちらの場合にしても、自分の感情と正面から向き合うことにより、事態の打開が望めます。
素直になることが肝要なのです。
 ごめん避けをする人の方はと言えば、彼らは職場の和を保つことを第一に考えていることが多い、と言えます。
 これは同僚と交際したら、それが原因で人間関係にひびが入ることになるのではないか、と心配しているのです。
 このため、自分に好意を持っている人が近づいてきても、視線をあわそうともしない、という極端な行動に出ることがあります。
 このように、職場で好き避けやごめん避けをする人は、その反応が分かりやすい形で出てしまうのです。
 視線の動きを確認するだけで、職場の人間関係はある程度まで把握できるようになります。
気になる人は観察力を養うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

男性がごめん避けをする場合の視線の特徴と対処方法について
男性女性の好き避けの特徴や見分け方や心理や職場や態度や既婚者同士などいろいろ書いていきます。
ごめん避けする人の視線や態度、好きな人を無視する場合
男性女性の好き避けの特徴や見分け方や心理や職場や態度や既婚者同士などいろいろ書いていきます。