視線 好きな人 ごめん避け 視線 態度

ごめん避けする人の視線や態度、好きな人を無視する場合

スポンサーリンク

 

ごめん避けとは相手の好意にうすうす気付いていながらも、それを意識的に無視したり、曖昧な態度でかわすことを指します。
 では、それをする人がよくやるものとは何かと言いますと、相手と視線を合わさないことです。
 これは目を合わせると、そこから好意を読み取られるのではないか、という警戒心に基づいた行動となります。
 そのため、それをする人は、相手と目を合わさなくてもよいように、携帯電話やパソコンを操作しながら応対するというスタイルを取ります。
 これならば相手の目を見ながら話をする余裕がない、というのを、改めて説明する必要がなくなるからです。
 好きな人がそのような態度を取ってきて、視線も合わせてくれないのであれば、相手の行動を見張るようにしましょう。
 これは休憩のタイミングを合わせ、二人きりになる時間を作るためです。
 ごめん避けをする人の多くは、警戒心が強く、人気がないところにはあまりいかないので、ここぞというタイミングを逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 ごめん避けをする人の多くは、迫ってくる相手のことを何とも思っておらず、ただ対人トラブルは避けたいと考えているケースが多いとされています。
 しかし、好きな人が相手でもそれをやることがあります。
 何故そのような真似をするのかと言えば、仕事に集中したいから、というのがあります。
彼らはプライベートに割ける時間が少ないため、誰かと恋愛関係になるのを、当面避けたいと考えているのです。
 このため、好きな人と接する機会を意図的に減らします。
そうしないと両思いである分、一気に距離が縮まるのではないか、と警戒しているのです。
 こうした態度を取る人は、好きな人を前にすると、視線が泳ぐ傾向にあります。
緊張感と気持ちをごまかしたいとの気分が混交した結果です。
 そのため、好きな人が煮え切らない態度をとり続けるのであれば、その理由を確認するようにしましょう。
 いつまでも宙ぶらりんなままでいたら、何も変わりません。
恋愛とはときに強引に動く必要があるというのを、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

男性がごめん避けをする場合の視線の特徴と対処方法について
男性女性の好き避けの特徴や見分け方や心理や職場や態度や既婚者同士などいろいろ書いていきます。
職場の好き避けとごめん避け、視線の関係
男性女性の好き避けの特徴や見分け方や心理や職場や態度や既婚者同士などいろいろ書いていきます。